症状固定直前に受任し、被害者請求にて14級を獲得し、既払い額及び自賠責保険金75万円を除き、約220万円で示談解決できた事例

賠償金 ポイント
サポート前 14級の認定が受けられなかった可能性あり 後遺障害の認定につき、弁護士のサポート次第で結果が変わりうる。
サポート後 14級を獲得し、約220万円での示談解決(75万円の自賠責保険金も含めると約290万円獲得している。) 弁護士のサポートにより適正金額(裁判基準)で請求をし、一部を除き請求金額のほぼ満額の回答を得ることができた事例。被害者請求後、示談交渉に本格的に入ってから約1カ月弱程度で解決できたものである。

事案の概要

依頼者は、交通事故(追突)に遭われ、それぞれ11カ月ほど通院を行いながら、治療を行っていました。

依頼者は、当事務所にご相談された段階で、腕や足、腰のしびれがひかず、後遺障害の認定の可能性があったため、当事務所が被害者請求にて適正な等級の獲得のためにサポートしたものです。

弁護士のサポート

後遺障害診断書のほか、各種医療記録をもとに14級に該当する根拠を列挙した意見書を提出して被害者請求を行い、頚椎及び腰椎で併合14級を獲得できました。
そして、被害者請求後に示談交渉に入り、加害者側の保険会社の担当者に対して、請求金額の根拠も示したうえで請求をし、ほぼ満額での示談解決ができたものです。
示談交渉の期間としては、1カ月弱程度と短期で解決できた事案になります。

弁護士からのコメント

今回のケースのように、交通事故において後遺障害が残るかどうかは、賠償金額に非常に影響します。本件でも、14級の認定がある場合では約290万円でしたが、ない場合では約110万円程度にとどまっていたことになります。
現在、自賠責の後遺障害認定は比較的厳しくなっている印象ですので、より専門家のサポートが重要になるものと思われます。また、示談交渉でも弁護士基準での示談ができることも大きな強みになります。
そのため、弁護士に依頼することにより、結果が大きく変わる可能性がありますので、後遺障害が残る可能性がある事案では一度弁護士に相談し、サポートを受けるべきか否かを十分に確認することをお勧めいたします。
当事務所では、相談料無料にて対応しておりますので、交通事故でお悩みの方は一度お気軽に当事務所にご相談ください

その他の関連コラムはこちら

交通事故被害・後遺障害に関するごそうだんをお待ちしております。

まずはお気軽にお電話にてご相談ください。0120-6666-40

弁護士費用

ご相談の流れ