【解決事例】車対車の追突により,外傷性頭頚部症候群等となった。後遺症は無し。相手方は任意保険に加入していなかった。加害者本人との交渉の結果,計約250万円を支払う旨の和解が成立した

交渉状況 賠償金 担保
サポート前 相手方が任意保険に入っておらず交渉が難航 提示無し 加害者の支払能力に不安
サポート後 弁護士が,加害者本人と交渉を行い合意締結 約250万円 公正証書作成及び保証人を付けることに成功し,回収可能性を高める

事案の概要

依頼者は,40代の主婦(女性)。車対車の追突の結果,外傷性頭頚部症候群等となってしまいました。しかし,加害者が任意保険に加入していなかったため,主婦休業損害をはじめ,金員の請求を行うことが困難であった

弁護士のサポート

依頼者に代わり,弁護士が加害者本人と交渉を行いました。加害者本人が一括払いをすることが困難と思われたため,保証人や公正証書の作成等を行う代わりに,分割払いとすることを認め,紛争を解決しました。

弁護士からのコメント

加害者が任意保険に加入していない場合,一括払いが事実上困難な場合もあります。そのような場合には,分割払いの担保を確保する等臨機応変に対応することが必要となります。担保の例としては,保証人をつける,公正証書を作成し支払が滞った場合に差押えを行いやすくする等の手段が考えられます。

その他の関連コラムはこちら

交通事故被害・後遺障害に関するごそうだんをお待ちしております。

まずはお気軽にお電話にてご相談ください。0120-6666-40

弁護士費用

ご相談の流れ